リフォームを成功させるコツ

リフォームでトラブルが起こらないようにする

余計なことはしないと約束

打ち合わせの時に、こちらの依頼したこと以外はしないと約束してください。
無断で工事をされると、料金が高くなるので支払いが大変になります。
約束をする際は口頭だけではなく、書面に残していた方が良いです。
口頭だけでは、約束が破られた時の証拠にできません。
書面に残しておくことで、証拠能力を発揮します。

もし余計な工事をされて最初に言われた料金以外の金額を請求されても、約束した書面を見せれば支払わなくて良くなるかもしれません。
打ち合わせの時にいろいろな約束をすると思いますが、全て書面に残すよう意識しましょう。
工事を進めていくうちに何が起こるか分からないので、万が一の事態が起こっても良いように証拠はあった方が良いです。

良い業者か判断できる

最初に打ち合わせをすることで、信頼できる業者か判断できます。
こちらの希望を聞かないで、勝手にデザインを決めたり、料金の高い機能をどんどん追加しようと思っている業者も見られるので、気をつけてください。
そのような業者はお客さんのことを考えていないので、希望通りのリフォームをすることができなくなります。

打ち合わせの時に、信頼性が低いと感じたらキャンセルしてください。
まだ打ち合わせの段階だったら、キャンセルできます。
実際に工事が始まってからやっぱりやめたいと言っても、聞き入れてもらえません。
打ち合わせのときにリフォームを任せても良いのか、しっかり判断しましょう。
こちらの意見を聞いてくれるスタッフだったら信頼できます。


TOPへ戻る